エスティマの買取相場と売り時と買い替え

エスティマTOPエスティマの評価>エスティマの買取相場と売り時と買い替え時期

エスティマの買取相場の変動から見るベストな買い替えの時期はココだ!

エスティマ買取
※エスティマ:toyota.jp

ここでは、エスティマをより高く買取査定して貰うためのテクニックや、過去10年分のエスティマ買取相場データ、エスティマの中でもより高額買取が期待できる人気グレードやカラー&オプションの紹介、そしてエスティマを買い替える際のよりよいタイミング等について紹介していきます。

エスティマを売却する時の参考に活用して下さい。

 

エスティマで買取が高くなる組み合わせは?

エスティマで買取が高くなる組み合わせは?

エスティマで高い査定が出るグレードはコレ!

・アエラス プレミアム
・アエラス スマート
・アエラス
・4WD

1990年の発売以来、丸みを帯びた印象的なフォルムで長年親しまれているエスティマですが、その中で洗練されてきたアエラスシリーズのリセールバリューは全体的に高くなっています。

特に上記のアエラス プレミアム、アエラス スマート、アエラスの3グレードはアエラス プレミアムGやハイブリッド車よりも価格が安くなっているため、相対的にリセールバリューがより高く、おススメです。

また、4WDは販売台数が少ないものの、雪道や悪路など一定のニーズが確保されている事からユーザーの人気も高く、比例して買取相場も高くなっています。

以上の理由から、買い替えを視野に入れてエスティマを購入する時は、高額買取が期待できるアエラス プレミアムアエラス スマートアエラスをオススメします。

 

エスティマで高い査定が出る人気色はコレ!

・ホワイトパールクリスタルシャイン

・ブラック

上記の2カラーが、エスティマの中古車買取で高額査定を期待できます。

ホワイト・ブラック系の2カラーは定番を求める日本人の感性にマッチするためハズレがなく、中古車販売店としても売れ残る=在庫を抱えるリスクが低い事から、積極的に仕入れたがるため、エスティマでも買取相場が安定しています。

ホワイト・ブラック系の人気カラーとその他のカラーでは、5年以内の売却で買取査定に約15~30万円以上の金額差が出てしまうこともあるため、エスティマを購入する時はこれらのカラーを選んでいただければと思います。

 

エスティマで高い査定が出る人気のメーカーオプションはコレ!

・大型ムーンルーフ&サンシェード
・パワーバックドア

エスティマの買取査定アップにつながるポイントとして、上記のメーカーオプションをおススメします。

ファミリー層からの需要が高いエスティマは、子供たちの安全・快適性が求められます。

エスティマのオプション装備(パワーバックドア)

両側パワースライドドアは全グレードで標準装備ですが、パワーバックドアも装備することで女性や子供でも開け閉めが楽になり、挟み込みも防止できて安全性が高まります。オプション金額は上回らないものの、エスティマの買取査定アップが見込めます。

エスティマの人気オプション装備(大型ムーンルーフ&サンシェード)

また、空からの光を取り込んで車内を明るくできる大型ムーンルーフは年代を問わず人気が高く、5年以内の売却ならオプション金額以上の買取査定アップも期待できるため、是非ともつけておきたいメーカーオプションの一つです。

 

エスティマの現在の買取相場はここで分かる

 

現在のエスティマの買取相場を手っ取り早く調べるには、下記の査定サイトが便利です。

ネット上で自分の車の買取相場が分かるかんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込むと、現在の中古車相場を反映した買取相場が画面上に表示されます。

そのまま複数の買取店へ査定も申し込めるので、ディーラーでは出せない専門店ならではの高額提示が可能です。ディーラーより57万円も高値が付いた例もあります。

かんたん車査定ガイドの概算相場

 

エスティマの買取が安くなってしまう要因は?

 

色による査定の減額

・シルバーメタリック
・ダークシェリーマイカメタリック

定番のホワイト・ブラック系カラーと比べると、上記の2カラーではエスティマの買取査定が20万円前後も安くなってしまう傾向があるため、あまりおススメできません。

でも、転売目的ならともかく、自分で乗るエスティマなら、売却する時のことばかり考えていてもつまらないですし、こだわりがあるなら自分の好きなカラーをチョイスしてドライビングを楽しむことも、個人的にはアリだと思います。

 

修復歴による査定の減額

修復歴ありで査定額がダウン

どのクルマ・グレードでも当てはまる事ですが、修復歴のあるエスティマだと、買取査定に大きなマイナスとなってしまいます。

この傾向は買取相場が高くなる車種ほど大きくなり、新車から3年落ち以内のエスティマだと、修復歴があることで15~50万円以上の価格差が出てしまう事もあります。

そんなことで泣きを見ないよう、エスティマを高く買い取って貰うためにも、常日頃からセーフティードライブや小まめなメンテナンスなど、大切に乗ることが第一です。

 

輸出によるエスティマの買取相場は?

輸出によるエスティマの買取相場は?

・現行型 新車登録から3年以内 100万円以上
・現行型 新車登録から5年以内 15~50万円
・2代目以前 5~15万円

過走行や修復歴などによって、国内買取相場から外れてしまうような状態のエスティマでも、輸出買取相場でなら高く売れるチャンスがあります。

エスティマはモデルによって輸出買取相場に大きな差がありますが、2006年のフルモデルチェンジ以降では、国内相場から外れる高年式のエスティマだと、新車登録から3年以内の売却で輸出相場により、100万円以上で買い取って貰えることもあります。

しかし、輸出買取相場であっても完全に動かない状態だと値段がつかなくなってしまう事があるため、普通に乗れる・走れる状態を維持してエスティマを売るようにしましょう。

エスティマを輸出買取相場で売るためには、ディーラーではなく中古車買取店に持っていく必要があります。

ディーラーだと買取査定ゼロ円&処分手数料という目も当てられない結果でも、中古車買取店なら5万円程度でエスティマを買い取って貰える可能性が残されているので、諦めずに買取店で査定して貰いましょう。

 

2017年度のエスティマの買取相場は?エスティマの下取りと買取相場表

エスティマの下取りと買取相場表

エスティマ生産モデル ハイブリッド アエラス プレミアムG
買取相場
アエラス プレミアム
買取相場
アエラス プレミアム
参考:ディーラー下取り相場
新車価格 492.8万円 341.1万円 341.1万円
2016年式:1年落ち
現行(MC2回後)
367万円
(74.4%)
291万円
(85.3%)
263万円
(77.1%)
2015年式:2年落ち
現行(MC2回後)
299万円
(60.6%)
248万円
(72.7%)
220万円
(64.4%)
2014年式:3年落ち
現行(MC2回後)
255万円
(51.7%)
233万円
(68.3%)
205万円
(60.0%)
2013年式:4年落ち
現行(MC2回後)
232万円
(47.0%)
220万円
(64.4%)
191万円
(55.9%)
2012年式:5年落ち
現行(MC2回後)
217万円
(44.0%)
200万円
(58.63%)
171万円
(50.1%)
2011年式:6年落ち
現行(MC後)
197万円
(39.9%)
143万円
(41.9%)
113万円
(33.1%)
2010年式:7年落ち
現行(MC後)
164万円
(33.2%)
123万円
(36.0%)
94万円
(27.5%)
2009年式:8年落ち
現行(MC後)
145万円
(29.4%)
106万円
(31.0%)
82万円
(24.0%)
2008年式:9年落ち
現行(MC前)
113万円
(22.9%)
74万円
(21.6%)
58万円
(17.0%)
2007年式:10年落ち
現行(MC前)
103万円
(20.9%)
61万円
(17.8%)
48万円
(17.0%)

MC=マイナーチェンジ
カッコ内の%は、新車価格に対してエスティマのリセールバリューの割合です
上記の買取相場は、修復歴なし、色はホワイトパール・ブラック、走行距離は年間1万キロ平均、内外装年式なりの平均的な状態の車両が対象です

買取相場グラフ

過去10年間のエスティマ買取相場を表にまとめてみました。

こうして見ると、エスティマは新車登録から3年間の買取相場下落が大きく、その後、マイナーチェンジの前後(2012年⇒2011年、2009年⇒2008年)で更に大きく下落しています。

グレードごとにリセールバリューを比較すると、3年落ちのハイブリッド アエラス プレミアムGは51.7%、同じアエラス プレミアムは68.3%となっていますが、これはハイブリッド車の新車価格が高いため、相対的にリセールバリューが低くなってしまっている事を意味します。

それでも、3年落ちの普通乗用車の平均的な買取相場が50~55%である事を考慮すれば平均以上と言えますが、初期費用を安く抑えることがお得なエスティマ買い替えのカギとなります。

ちなみに、参考として表の右端にエスティマ アエラス プレミアムをディーラー下取りに出した場合の下取り相場を載せていますが、買取店による買取相場と見比べると、ディーラー下取りの方が10~30万円程度安いのが判ります。

管理人もクルマを売る時、いつも必ずディーラーと買取店の見積もりを取って比べていますが、これまで20台以上のクルマを売ってきて、ディーラー下取りの方が高額だったパターンは、たったの2回きりでした。

特に元の金額が高いクルマほど、その金額差=損する額が大きくなってしまう傾向がみられるため、エスティマを売る時はディーラー下取りを鵜呑みにせず、買取店でも査定して貰って、十分に比較検討することが大切です。

 

エスティマを買い替えるなら高く売れるタイミングで!

エスティマを買い替えるベストなタイミングは?

買取相場から見る1年ごとのエスティマの損失額は?

メーカーオプション(ホワイトパールクリスタルシャイン、大型ムーンルーフ)・ディーラーオプション(ナビ等58.7万円)・値引き合計49.7万円で「エスティマ アエラス プレミアム」を購入した場合の総支払額は、諸費用含めて3,880,000円です。

グレード名

アエラス プレミアム

車両本体価格 3,401,018円
メーカーオプション 135,000円
ディーラーオプション 587,088円
ディーラーオプション値引き
(20%引き)
▲117,400円
諸費用 261,057円
新車値引き ▲380,000円
総支払額 3,880,000円(端数切捨て)

 

この388万円からその年の買取相場を引いた金額が、エスティマの売却時の損失額となります。

損失額の推移から、エスティマの売り時を探ってみます。

新車からの経過年数 エスティマ アエラス プレミアムの買取相場 売却時の損失額
2016年式:1年落ち
現行(MC2回後)
291万円 97万円
2015年式:2年落ち
現行(MC2回後)
248万円 140万円
2014年式:3年落ち
現行(MC2回後)
233万円 155万円
2013年式:4年落ち
現行(MC2回後)
220万円 168万円
2012年式:5年落ち
現行(MC2回後)
200万円 188万円
2011年式:6年落ち
現行(MC後)
143万円 245万円
2010年式:7年落ち
現行(MC後)
123万円 265万円
2009年式:8年落ち
現行(MC後)
106万円 282万円
2008年式:9年落ち
現行(MC前)
74万円 314万円
2007年式:10年落ち
現行(MC前)
61万円 327万円

上記の買取相場は、修復歴なし、色はホワイトパール・ブラック、走行距離は年間1万キロ平均、内外装年式なりの平均的な状態の車両が対象です

損失額グラフ

上記のエスティマの買取相場と、各年落ちのタイミングで買取店へ売った場合の、新車購入価格に対しての損失額です。

上記の数値を参考に、以下のエスティマのベストな買い替えのタイミングを考察しましょう。

 

車検のタイミングでエスティマを買い替えるなら

2回目の車検時が買い替えのチャンス

エスティマを車検のタイミングで買い替える場合、何回目の車検で買い替えるのがお得か、上の表を基に、損失額と年当たり額、前回との差額の一覧を作ってみました。

車検 損失額の合計 年当たりの損失額 前回車検との比

1回目
(3年落ち)

155万円 51.6万円 +155万円
2回目
(5年落ち)
188万円 37.6万円 +33万円
3回目
(7年落ち)
265万円 37.8万円 +77万円
4回目
(9年落ち)
314万円 34.8万円 +49万円

 

こうして見ると、1回目の車検(3年)でエスティマを買い替えるのは流石に経済的負担が大きく、2回目の車検(5年)以降では年当たりの損失額にほとんど差がない≒長く乗ってもお得感はあまり強くなりません。

また、乗っている途中でモデルチェンジが入る=エスティマの買取相場が下落するリスクを考えると、車検のタイミングでエスティマを買い替えるなら、2回(5年ごと)がおススメです。

 

走行距離を目処にエスティマを買い替えるなら

走行距離を目処にエスティマを買い替えるなら

当たり前のことですが、どんな車種・グレードであっても、走行距離は短いに越した事はなく、長くなればなるほど買取査定でマイナスされてしまい、エスティマの買取金額は安くなってしまいます。

5万km、7万km、10万kmをメドに買取査定金額は安くなっていくので、これらの走行距離に届く前に、エスティマを買い替えるよう検討をおススメします。

 

年式が古くなってエスティマを買い替えるなら

上の表にあるように、平均以上のリセールバリューをもつエスティマは、年式が古くなってもある程度の買取価値が残ります。

例えば、アエラス プレミアムであれば、10年経過≒10万km走行でも、61万円の買取相場が残っています。

しかし、20万km以上の過走行や深刻な修復歴などコンディションが非常に悪いエスティマだと、国内市場では価値ゼロと査定されてしまう事もあります。

それでも買取店で査定して貰えば、モデルやグレード等の状態次第では輸出買取相場によって5万円程度でエスティマを買い取って貰えるチャンスもあるため、常日頃から価値を残すためにも、大切に乗ることをおススメします。

 

モデルチェンジのタイミングでエスティマを買い替えるなら

モデルチェンジのタイミングでエスティマを買い替えるなら

過去10年間におけるエスティマの買取相場をモデル別に調べていくと、マイナーチェンジの前と後で、買取相場に大きな差が出ているのが判ります。

フルモデルチェンジよりは小規模ですが、一部改良と違って内外装やエンジン等に大きめの変更が加えられるマイナーチェンジは、ユーザーの人気が動くキッカケとなるため、エスティマの買取相場に大きな影響を及ぼします。

5年以内の売却だと、マイナーチェンジで20~30万円以上も旧型エスティマの買取相場が下落してしまいます。

ちなみに、エスティマは過去10年間にフルモデルチェンジが入っておらず、今後入るかどうかは未知数ですが、もし入った場合はマイナーチェンジ以上の影響を及ぼすため、注意が必要です。

モデルチェンジのタイミングでエスティマの売却を検討されているのであれば、モデルチェンジの入る約半年前からエスティマの買取価格が下がり始めるため、注意が必要です。

モデルチェンジの情報は事前から入るため、日頃から敏感に対応してモデルチェンジの半年~3か月前ごろまでにはエスティマを売却できるようにしましょう。

 

不人気色、過走行のエスティマなら買い替えずに乗り続ける選択も

人気のないカラーや過走行など、コンディションの悪いエスティマは、そうでないエスティマと比較して数十万円単位で買取価格が下がってしまう事があります。

エスティマを買い替える前にディーラーや買取店で査定して貰い、そこで示された金額がここで紹介している買取相場よりも極端に安かったり、納得できないものであれば、無理に手放して後悔するより、あえて乗り続ける選択肢もアリです。

そのまま乗り続けていれば、各モデルの輸出買取相場に該当するため、そこがエスティマを売却する際の底値となります。

そこまで行ってしまえば、今さらプラス1万km走ったところで残る価値はほとんど変わらず、値下がりもしないので、とことんエスティマを乗りこなして時間を稼ぎ、次の資金を貯めるのも良いでしょう。

ただし、完全に動かなくなってしまうまで乗りつぶしてしまうと、今度は輸出買取相場にも該当しなくなってしまうため、それなりに乗れる・動くコンディションを維持しつつエスティマを売るようにしましょう。

 

エスティマを買い替えるなら何月に売るかも考慮する

中古車買取相場グラフ

多くの人は新車が好きなので、エスティマの買取相場は年式が古くなるほど下がって行きますが、買取相場は年明けの瞬間、一斉に下がる訳でも、毎月均等に下がっていく訳でもありません。

実は、エスティマの買取相場は一年間で大きく下がる月、横ばいの月、逆に上がり気味となる月があります。

同じエスティマを売るのでも、闇雲に手放すより、この横ばいの月や上がり気味の月を狙うことで、そうでない月よりも高額買取が期待できますから、このチャンスを見逃す手はありません。

・大きく下がる12月
年末年始の休暇が控えている12月ですが、誰もが喜んでいる訳ではありません。
中古車販売店としては年をまたいで在庫を持ちたくないため、中古車の仕入れが消極的になります。
そのため業者オークションも盛り上がらず、落札価格も低調に。結果、エスティマの買取相場は大きく下がってしまいます。
こうして12月にエスティマを手放した人は、損をしてしまうのです。

・横ばい気味の9~10月
9月は中間決算期を迎えて、中古車市場も活性化します。
エスティマの買取相場を上向かせるまでは行かなくても、買取相場の下落をを食い止める程度の勢いはあるため、エスティマを売るならこの時期を狙うことで、他の時期よりは高額の買取査定が期待できます。

・エスティマを売るなら1月~3月第1週
1年の中で、最もエスティマの高額買取が期待できる時期となります。
自動車メーカーの年度末決算に加え、4月からの新生活に向けた中古車ニーズが高まるため、業者オークションが活性化。落札価格が上がり気味となり、結果としてエスティマの買取価格がアップします。
年末にエスティマを手放すくらいなら、出来ればもう少し我慢して、年明けに売った方がより高額な買取査定に満足できるでしょう。

ただし、事前にエスティマのモデルチェンジ情報をつかんでいる場合、この限りではありません。買取相場が下がり始めてしまう前に、なるべく早くエスティマを売却するようにしましょう。

 

エスティマを乗り換えるなら、何年後がお得??

エスティマを乗り換えるなら何年がお得?

エスティマを買い替えるタイミングとして、何年ごとに買い替えるのがよりお得なのか?上記の表に載せた買取相場の下落と、車検・メンテナンス等のタイミングを合わせて試算してみました。

5年:損失額206.7万円
買取相場下落188万円+車検1回+タイヤ交換1回
年当たり41.3万円⇒10年で413万円の損失

8年:損失額330.4万円
買取相場下落282万円+車検3回+タイヤ交換2回
年当たり41.3万円⇒10年で413万円の損失

【想定】
※年間走行距離は約1万kmとする
※車検は一回約11万円とする
※タイヤ交換は約3万km≒3年ごとに行い、一回約7.7万円とする

エスティマの損失額を1年落ちから10年落ちまで試算してみたところ、最初は極端に損失額が大きく、徐々に下がっていく中で、5年後と8年後の年当たり損失額が一致しました。

これは、その時の相場変動にもよりますが、5年後と8年後の損失額がほとんど変わらない≒長く乗ってもお得感が弱いことを意味しています。

長く乗っている内にモデルチェンジの入る=買取相場が大きく下落するリスクがある事や、同じ期間でより多く新車のエスティマを楽しめることを考えれば、5年ごとの買い替えに軍配が上がります。

また、ここには書いていませんが、長く乗ることで故障やトラブル等のリスクも考えなくてはならず、結果としてその損失差がより大きくなる可能性もあります。

よって、エスティマの買い替えタイミングは、早すぎず遅すぎない、5年ごとの買い替えをおススメします。

そして、エスティマの買い替えで損をしないために、以下のポイントをおさえましょう。

① 走行距離を年間1万km以内にセーブする
② 内外装を汚したり傷つけたりしないよう、丁寧に乗る
③ 購入の時は、人気グレード&カラーをチョイス
④ 買取査定アップにつながりにくいディーラーオプション等はつけない
⑤ 購入の時は、値引き交渉でMAX成果を達成する
⑥ 売却の時は、買取査定のMAXアップを達成する

これらのポイントを押さえられたら、どんなタイミングでエスティマを買い替えても、損失額を最小限に食い止められるでしょう。

中でも④のディーラーオプションは買取査定アップにつながりにくく、ナビゲーションやフロアマット、ドライブレコーダーやシートカバー等は純正品よりも安い社外品で揃えて、初期費用を安く抑えましょう。

エスティマに適合する社外品はこちら

エスティマの値引き交渉については、専門ページ「エスティマ一発値引き交渉」をご覧いただき、エスティマを最大限の価格で買い取って貰うためには、下記の「エスティマをディーラーよりも高く売る方法」も参考になるでしょう。

 

エスティマを安く買うなら下取り車で支払額を下げよう!

エスティマをディーラー下取りよりも高く売る!

もし下取り車があるなら、下取り金額を多くしてエスティマの総支払額を下げる方法があります。

とても簡単なので、エスティマの値引き交渉が苦手な方でも出来る方法です。是非ご参考下さい。

 

ディーラーは下取り金額を低く見積もっている?

管理人も経験がありますが多くの場合、ディーラーは下取り金額を低く見積もってきます。

ディーラーの査定は、業界の査定ブックに載っている規定の査定金額がベースになるので、リアルタイムな中古車相場の人気が反映されず、査定金額が低くなる傾向があります。

他にも下取り金額を低く見積もる事で、エスティマの値引き金額を回収する向きもあります。商談の最後で下取り金額を上乗せして契約をうながす、セールステクニックもありますね。

以上の理由から、ディーラーの下取り金額は低く見積もられてしまっているのです。

 

レガシィアウトバックが30万円以上高く売れた実例

管理人の話ですが、レガシィアウトバックを買い替えるために、購入先のディーラーAで査定をしてもらいました。

ディーラーAの下取り金額は135万円

別のディーラーでも商談するため、ディーラーBにも査定してもらいました。

ディーラーBの下取り金額は151万円

15万円以上査定額が上がったので、他にも査定に出せばもっと上がるかも??と思い、買取店の査定サイトに申し込んでみました。

 

カービュー査定

査定サイトでは、なんとディーラーBより20万円も高い買取相場となっていました。ディーラーAと比べれば36万円も高かったのです。

 

ディーラーへ買取店の金額を伝えると・・・

早速、両ディーラーへ買取店の金額を伝えると、ディーラーAは165万円へアップ!

ディーラーBは170万円にアップ!しました。

この辺りが限界か?と思い、査定サイトで申し込んだ買取店に査定してもらうと171万円でした。買取店は「ディーラーも頑張っていますね^^;」 と苦笑いでした(笑)。

結局リサイクル料金の戻りを入れれば、ディーラーBも171万円になるので、ディーラーBで新車を契約、アウトバックを下取りに出しました。

その時の契約書はこちら。

 

最初のディーラーAの下取り金額と比較すれば35万円の上乗せ、ディーラーBでも19万円の上乗せとなりました。

もし商談したディーラーがAのみだったら?買取店の査定サイトを利用していなかったら?170万円で売れる車を135万円で売っていたかもしれません。考えただけで怖いですね・・

この時したことは、買取店の査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えた事です。これをやったおかげで、30万円以上の上乗せに成功しました。

この時利用した査定サイトはかんたん車査定ガイドです。1分程度の申し込み後、画面上に自分の車の買取相場が表示されます。

早く査定額を知りたい人、ディーラーの査定金額が高いか安いか確かめたい人にはとても便利なサイトです。

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

限界まで値引きを引き出すエスティマの値引き交渉術

一度の交渉のみで、エスティマの限界値引きを引き出す方法です。少ない労力で大きい効果が得られるので、是非試してみて下さい。

>>エスティマの一発値引き交渉はこちら

 

PAGE TOP