エスティマの限界値引きを一度の商談で!

エスティマ一発値引き交渉術!

エスティマ一発値引き交渉とは、1度の交渉だけでエスティマから限界値引きを引き出す交渉方法です!

1度の交渉だけで限界値引きを引き出すには、ある程度準備が必要になってきます。

と言っても難しい事ではありません。このページを読めばネット上で情報収集が出来るので、簡単に事前準備が出来ます。

事前の準備さえやっておけば、値引き交渉は難しくありません。誰でも簡単に一発値引き交渉が出来ますよ!


エスティマの目標値引き金額

まずはエスティマの限界値引き金額がいくらなのかを調べておきましょう。

エスティマの値引きが今現在いくら可能なのかは、こちらで分かります。車両本体からの目標値引き金額の他に、ディーラーオプションからも20~30%の割引きが可能です。

以下を参考に目標値引き額を設定しましょう。(毎月更新)

エスティマ値引き体験談の口コミも参考にどうぞ。

エスティマ車両本体からの目標値引き額(2016年9月現在)

32万円
(ハイブリッド32万円)

オプション総額 オプションからの目標値引き額
10万円 2~3万円
20万円 4~6万円
30万円 6~9万円
40万円 8~12万円
50万円 10~15万円
瞬間的にエスティマの値引きが多くなる時期
1月後半~3月
(年度末決算セール)
上記+5~10万円以上
6月~7月
(夏のボーナス商戦)
上記+5~10万円前後
8月中旬~9月
(中間決算セール)
上記+5~10万円以上
11月・12月
(秋・年末商戦)
上記+5~10万円前後
※参考 エスティマ実際の値引き額

上記の車両本体からの値引きと、オプション合計金額からの値引きを合わせた金額が、エスティマの値引き合格ラインです。

さらにエスティマを購入する時期によって、値引き合格ラインに上乗せが可能です。

上記の瞬間的に値引きが多くなる時期のプラスアルファ分の値引きを考慮すれば、エスティマの限界値引き額が見えてきます。

限界値引き金額を算出したら、一発値引き交渉で提示するエスティマの購入金額を設定しましょう。

 

下取り車の相場チェック

下取り車があれば、今の価格を調べて希望予算に組み込んでいきましょう。

221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム
ガリバーのオンライン無料査定です。買取業界最大手のガリバーは、買取実績ナンバーワンです。台数を多く買い取る事により高価買取が可能になり、下取り車の高査定が期待できます。下取り車を高く売るならガリバーの査定は欠かせませんね。

当サイトの高価買取で下取り車を高く!も参考にどうぞ。

 

エスティマの諸費用

エスティマ2.4 アエラス プレミアムの諸費用です。エスティマの車両本体価格とオプション価格にプラスして、エスティマの定価の総支払額を出しましょう。

諸費用合計金額 279,407円

・自動車税(8月登録) 26,200円

・自動車取得税 85,000円

・自動車重量税 49,200円

・自賠責保険料 40,040円

・リサイクル料金 13,150円

・登録諸費用 65,817円

 

一回の商談でエスティマから限界値引きを引き出す!

希望のグレード、希望のオプションを選択してエスティマの諸費用を加算すれば、エスティマの定価の総支払額が出てきます。

そこから上記で算出したエスティマの限界値引き額を差し引けば、目標とするエスティマの総支払額が出てきますね。

この金額をエスティマのディーラーへぶつけて、一発値引き交渉を仕掛けます。

ただ、条件だけを伝えるよりも、「この条件でOKしてくれるなら、ライバル車をやめてエスティマを買う」と言う設定で商談をすると、成功する確率が非常に高くなります。

エスティマのライバル車は、「ホンダオデッセイ」「トヨタヴェルファイア」「トヨタアルファード」などが有効な競合車です。

「これらのライバル車と商談中で購入寸前だが、希望条件にしてくれればエスティマを契約する」と話を持っていくと成功する確率が高くなります。

今ならハイブリッドの販売が好調なオデッセイをぶつけると効果的でしょう。

または人気・販売面ともにエスティマを上回る、同じトヨタのアルファードやヴェルファイアでも効果が高いです。

自分が購入するエスティマのグレードと同価格帯の車種を選べば効果的です。

では一例としてエスティマのトヨタ店やカローラ店に行ったら、以下のように商談してみます。

「今ヴェルファイアの商談をしていまして、ほとんど購入しようかと思っています。ただ、ボディが大きいので、運転のしやすさを考えるとエスティマでもいいかとな、と思っています。予算は○○万円なので、この金額になるならヴェルファイアをやめてこの場でエスティマを契約します。」などとやってみましょう。

”人気のヴェルファイアを契約寸前にもかかわらず、エスティマを買ってくれるかもしれない”となれば、セールスさんも頑張ってくれるでしょう。

初めから購入希望予算を伝えているので、セールスさんにとっても時間のかかる商談ではないので、むしろ歓迎されます。

もし、希望の条件でOKが出なければ、少しだけ条件を緩めて再度交渉する事も可能です。

または、エスティマはトヨタ店とカローラ店の扱いなので、別のディーラーへ行って再度一発値引き交渉を仕掛けても良いでしょう。

 

ディーラーに購入条件だけ伝えて連絡を待つ方法

エスティマを購入する時期に余裕があるなら、ディーラーに購入条件を伝えて待つ方法があります。

具体的には、トヨタ店とカローラ店に行ってエスティマの見積もりを取り、「予算は○○万円です。この金額になればいつでもエスティマを契約するので、この金額で出来る時に連絡を下さい」とやります。

こうしておけば、「今月あと1台契約が欲しいな~」と言うディーラーやセールスさんから連絡が来る可能性が高いです。

複数のディーラーに伝えておけば、それだけ連絡が来る可能性が高くなりますね。

エスティマの購入にある程度時間的な余裕がないと出来ませんが、この作戦も意外と成功する事例が多いですよ。

特に決算期やボーナス商戦、4月の新車が売れない時期などで連絡が来るケースが多いです。

 

下取り車があるなら

下取り車があるなら、最後の最後でさらに査定金額を上乗せする事が可能です。下取り車の査定金額で損したくない方は、高価買取で下取り車を高く!を是非合わせてご参考ください!

 

PAGE TOP